ブルームバーグ前NY市長、大統領選に出馬表明 トランプ氏再選阻止へ

不出馬の意向から一転、ブルームバーグ氏が民主党の公認指名に向け立候補を表明/Yana Paskova/Getty Images

不出馬の意向から一転、ブルームバーグ氏が民主党の公認指名に向け立候補を表明/Yana Paskova/Getty Images

(CNN) 米ニューヨーク市の前市長、マイケル・ブルームバーグ氏は24日、来年の大統領選に向け、民主党からの候補指名を目指して出馬することを公式に表明した。現職のトランプ大統領の再選を阻むべく、真っ向勝負を挑むとしている。

ブルームバーグ氏は陣営のウェブサイトに載せた立候補表明の文章の中で、「大統領選でトランプ氏を倒し、米国を再建する。この上4年もの間、トランプ氏に無謀かつ非道徳的な行動をとらせる余裕は我々にはない」と述べた。

指名を争う予備選まで3カ月を切った段階でのブルームバーグ氏の出馬表明により、選挙戦は一段と不透明さを増した。今年に入り立候補はしない方針を示していたブルームバーグ氏だが、同氏に近い複数の人物がCNNに語ったところによると、現状のままでは本選でトランプ氏に勝てる民主党候補者がいないとの理由から決定を覆したという。

今月には前マサチューセッツ州知事のデバル・パトリック氏も民主党候補者の指名争いに立候補することを表明していた。

カンターメディアなどによれば、ブルームバーグ氏は選挙戦を開始するにあたり、向こう2週間でのテレビ広告に少なくとも3700万ドル(約40億円)を支出している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]