トランプ大統領の納税記録、連邦高裁も「提出」の判断

連邦高裁、納税記録めぐるトランプ氏の訴え退け

ワシントン(CNN) トランプ米大統領がニューヨーク・マンハッタンの連邦地検から納税申告書の提出を求められている問題で、ニューヨークの連邦高裁は4日、トランプ氏は提出に応じる義務があるとの判断を下した。

トランプ氏の不倫口止め料に関する疑惑を捜査している連邦地検が、同氏の会計事務所に納税記録の提出を求める召喚状を出したのに対し、トランプ氏側は大統領の刑事免責特権を理由に、提出の必要はないとする訴えを起こした。連邦地裁は先月、提出を求める判断を下し、トランプ氏側が上訴していた。

連邦高裁では3人の判事が、免責特権は召喚状の執行を妨げないとして、トランプ氏の主張を退けた。

トランプ氏の顧問弁護士、ジェイ・セクロウ氏はこの判断を不服とし、最高裁に上告する構えを示した。

トランプ氏側がこのまま10日以内に上告した場合、最高裁が棄却したり判決を出したりするまでの間、地検は召喚状を執行しないことで合意している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]