「連続密航犯」の女を再び逮捕、航空券持たずに搭乗試みる 米

マリリン・ハートマン容疑者=2014年/KPNX/FILE

マリリン・ハートマン容疑者=2014年/KPNX/FILE

(CNN) 米イリノイ州シカゴ当局は14日までに、搭乗券を持たずに航空機に乗り込む犯行を繰り返し「連続密航犯」の異名を取る女を再び逮捕したと明らかにした。

地元警察の声明によると、マリリン・ハートマン容疑者は11日夜、シカゴのオヘア国際空港で搭乗券も身分証も持たずに保安検査を通過しようとしたところを拘束された。不法侵入の疑いで訴追された。

ハートマン容疑者は以前の不法侵入事件で保護観察下にあり、搭乗券を持たずにオヘア空港やシカゴのミッドウェー空港に行くことは禁じられていた。

11日の逮捕以前にも、ハートマン容疑者は少なくとも5回逮捕されている。

昨年にはロンドンで英当局者に身柄を拘束された後、オヘア空港で逮捕された。この時はパスポートや搭乗券なしでシカゴからロンドンまで渡航することに成功し、不法侵入と窃盗の疑いで訴追された。精神鑑定も命じられていた。

一連の経緯を知る関係者はハートマン容疑者の犯行が成功する理由として、一見無害そうな高齢白人女性として人混みに溶け込む能力を挙げる。

ハートマン容疑者の名前が全米で報じられたのは2014年8月。航空券を持たないままカリフォルニア州サンノゼの空港で搭乗したとして、ロサンゼルス国際空港で逮捕された。

容疑を否認せず保護観察処分となったが、翌日に同空港の旅客ターミナルでうろつく姿が目撃され、再び逮捕された。その後も不法侵入や保護観察違反で繰り返し逮捕されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]