ライオンの囲いに入ってダンス、動物園が女性を刑事告訴 米NY

ライオンの囲いに侵入、動物園が女性を告訴 米NY

(CNN) 米ニューヨークのブロンクス動物園で先週末、女性がライオンの囲いの中に入って踊り出すという行為に及んでいたことが分かり、動物園側が不法侵入容疑で刑事告訴した。

動物園の報道担当者によると、女性は9月28日、安全フェンスを乗り越えてアフリカライオンの展示スペースに入った。

来園者が撮影したビデオには、女性がライオンをからかうように踊ったり、手を振ったりする姿が映っている。ライオンが2~3歩近付いてきても恐れる様子はない。それを見た幼い子どもらの話し声も聞こえる。

女性がどのくらいの間、囲いの中にとどまったかは不明。本人にもライオンにもけがはなかった。

同担当者は「これは重大な違反行為。重傷や死という結果を招く危険性もあった」と話す。

ニューヨーク市警によると、現場からの緊急通報はなく、警察は10月1日になって連絡を受けた。

動物園側は「フェンスや規則を設けているのは、来園者と職員、動物の安全を守るため。どのような侵入行為も許さず、厳しく罰するのが我々の方針だ」としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]