侵入者を撃って通報せず「二度寝」、住人を殺人罪で起訴 米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
侵入者を撃った後に警察に通報しなかったとして男が殺人罪で起訴された/Dallas County Sheriff's Office

侵入者を撃った後に警察に通報しなかったとして男が殺人罪で起訴された/Dallas County Sheriff's Office

(CNN) 米テキサス州ダラスの民家で庭に侵入した人物を銃で撃った後、警察に通報せず眠りに戻ったとして、住人の男が殺人罪で起訴された。

警察の調べによると、ジェームズ・マイケル・メイヤー被告(72)は9月26日午前5時ごろ、屋外の物音で目覚め、正体不明の人物が物置に侵入しようとしているのを目撃。拳銃を持ち出して、近寄れば撃つと警告した。

被告の供述によれば、侵入者が工具のつるはしを持って2~3歩近付いてきたため発砲したところ、相手はつるはしを落として裏の公園へ逃げた。被告はその後、公園の方角の「闇に向けて」もう一発撃った後、ベッドに戻ったと話している。

夜が明けて外を見ると、公園に黒い袋のようなものが見え、近づいてみるとうつぶせに倒れた遺体だったという。被告は午前7時過ぎに侵入者がいると緊急通報したが、指令係の質問には答えず、自分が被害者だと繰り返した。

現場に出動した警官は公園で、死後数時間とみられる遺体を発見した。首の後ろに撃たれた跡があったが、周囲に弾が発射された後の薬きょうは落ちていなかった。被告は薬きょうを拾って捨てたと供述した。

警察によると、近所の住人らは当時、銃声は2回でなく3回聞こえたと話している。

メイヤー被告は26日のうちに殺人罪で逮捕、起訴された。死亡した人物の身元は公表されていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]