トランプ氏、ウクライナ大統領にバイデン氏息子の調査要請

ウクライナのゼレンスキー大統領(左)と米国のトランプ大統領/AP/Getty

ウクライナのゼレンスキー大統領(左)と米国のトランプ大統領/AP/Getty

ワシントン(CNN) トランプ米大統領が7月にウクライナのゼレンスキー大統領と電話会談した際、民主党のバイデン前副大統領の息子ハンター氏に対する調査を行うよう働き掛けていたことが分かった。事情に詳しい関係者が20日、明らかにした。バイデン氏は2020年大統領選に立候補している。

問題の電話会談があったのは7月25日。トランプ氏と外国首脳のやり取りを巡っては、情報機関の監察官トップに内部告発が寄せられた事実が明らかになっているが、関係者によると、告発内容にはこの電話の件が含まれていたという。

トランプ氏がゼレンスキー氏に圧力をかけたことについては、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が複数の関係者の話として最初に伝えていた。

WSJはまた、トランプ氏がゼレンスキー氏に対し、ハンター氏について顧問弁護士のジュリアーニ元ニューヨーク市長と連携するよう求めたと報じた。ジュリアーニ氏はかねて、バイデン氏が2016年にウクライナ検事総長の解任を求めた件を調査するよう同国に働きかけてきた。検事総長は一時、バイデン氏の息子とつながりのある天然ガス会社を捜査していた。

情報筋によると、トランプ氏は7月25日の電話でウクライナに対する保留中の支援計画には触れず、調査に対する明示的な見返りは示さなかった可能性がある。

ウクライナ政府が公開した電話会談の記録では「トランプ氏はウクライナ政府が迅速に国のイメージを改善し、ウクライナと米国の交流を阻んできた汚職事件の捜査を完了することができるものと確信している」と記されている。

トランプ大統領(左)がバイデン前副大統領の息子の調査をウクライナに要請していたと情報筋が語った/Getty Images
トランプ大統領(左)がバイデン前副大統領の息子の調査をウクライナに要請していたと情報筋が語った/Getty Images

バイデン氏は20日の声明で「これらの報道が事実なら、トランプ大統領が権力を乱用して我が国をおとしめようとする意思は本当に底なしだ。この行動は政治的な目的のために我が国の外交政策を利用し、国家安全保障を損なうものであり、とりわけ卑劣だ。ロシアから直接の脅威にさらされるパートナー国で主権国家であるウクライナに対し、政治的便宜を得たいあからさまな期待から圧力をかけ法の支配からの逸脱を求め、そのために米国の力とリソースを使ったということだ」と述べた。

トランプ大統領は20日、告発者は党派的であり、外国首脳との会話は適切だと強調。ただ、記者団からゼレンスキー大統領とバイデン氏について話したかを問われると、「何を話したかは問題ではない」と述べ、会話があったことを否定しなかった。また、誰かがバイデン氏を調べるべきだとの主張も展開した。

ジュリアーニ氏は19日のCNNのインタビューで、ウクライナを訪問した際に、同国のリーダーらとバイデン氏について話したことを認めた。ジュリアーニ氏は仮にトランプ氏がウクライナに働きかけていたとしても、問題にはならないとの認識も示していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]