野犬に襲われ男性死亡、遺体に100カ所以上の噛み痕 米フロリダ州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野犬に襲われ死亡、遺体に噛み痕100カ所

(CNN) 米フロリダ州に住む男性が、近道を通って自宅へ戻る途中で野犬の群れに襲われて死亡した。警察によると、男性の遺体には犬に噛(か)まれた傷痕が100カ所以上も残っていた。

ハイランズ郡保安官事務所によると、死亡したのはフロリダ州中部レークプラシッド近郊に住むメルビン・オールズさん(45)。4日に近道を通って帰宅しようとしたところで野犬に襲われ、死亡しているのが見つかった。

同郡の動物管理当局は一帯にわなを仕掛け、これまでに野犬6頭を捕獲した。保安官事務所によると、捕まった野犬の噛み痕は、オールズさんの遺体の傷と一致した。

ただ、それだけではオールズさんがこの犬たちに襲われたとは断定できず、当局は犬のDNA鑑定を行って、傷口に残されたDNAと一致するかどうかを調べる。

周辺の住民に対しては、野犬に注意するよう呼びかけている。

CNN系列局WFLAによると、オールズさんは5人の子どもの父親で、孫も1人いた。婚約者のジャネル・ウォードさんは、近所で野犬の群れを見かけたことがあったと証言、「何度かうなり声を上げていたけれど、走り寄って来たことはなかった」「私に向かって来たことも、噛むような様子を見せることもなかった」と話している。

保安官事務所によれば、犬は群れになると行動が予測しにくい。それでも野犬の群れが人を襲うケースはまれだという。

レークプラシッドはオーランドから約160キロ。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「米国」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]