マラー特別検察官、トランプ氏の潔白確信持てず 司法省で会見

マラー特別検察官、司法省で会見

ワシントン(CNN) ロシアによる米大統領選介入やトランプ大統領による司法妨害の疑惑を捜査したマラー特別検察官は29日、司法省で記者会見を行い、司法妨害についてトランプ大統領の疑惑を払拭(ふっしょく)することはできなかったと発言した。現職大統領の訴追は検討可能な選択肢になかったとも述べた。

マラー氏が捜査について公的に説明したのは2年前の就任以降初めて。マラー氏はこの中で、司法省の指針では現職大統領を訴追することはできないと強調。そのためトランプ氏による司法妨害の有無については判断を示さなかったと説明した。

マラー氏は「大統領が明確に罪を犯していないという確信があれば、そう述べただろう」と指摘したうえで、「だが、我々は大統領が罪を犯したかどうかについて判断しなかった」としている。

マラー氏はまた、特別検察官事務所を閉鎖して司法省を離れると表明した。

捜査の今後については、トランプ氏の責任を問ううえで議会が役割を果たす可能性を示唆。政府要人の責任を問うためには、合衆国憲法では刑事司法制度以外の手続きが求められると述べ、司法妨害に関する捜査は議会が引き継ぐことができるとの明確なシグナルを送った。

下院司法委員会のナドラー委員長は声明で、「マラー氏が大統領に対する刑事訴追を進めることができなかったのを踏まえれば、トランプ大統領の犯罪やうそ、他の不正に対応するのは議会の仕事だ」と述べた。

一方、トランプ氏はマラー氏の会見終了直後にツイッターで「捜査報告書の内容から何も変わっていない。証拠不十分であり、我が国では無実だ。この件は終わりだ」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]