盗難車で突入図った容疑者を逮捕、ISISに感化か 米

車両で突入図った男を逮捕、ISISに感化か 米

ワシントン(CNN) 米バージニア州でレンタカーを盗み、首都ワシントン郊外の商業施設に突っ込む犯行を企てたとされる男が逮捕された。米司法省は8日、この男が過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」に感化されていたとの見方を示した。

逮捕されたのはロンデル・ヘンリー容疑者(28)。検察は逃走の恐れがあるなどとして勾留を求めている。

調べによると、ヘンリー容疑者はISISの影響を受け、死を覚悟して大量殺人を計画した。先月27日に職場から突然立ち去り、引っ越しトラックなどのレンタル大手「ユーホール」のバンを盗んだとされる。

もっと大きな車を手に入れたかったが犯行を急ぐ気持ちが強く、このバンでメリーランド州の川沿いにある商業施設「ナショナル・ハーバー」へ向かったという。同容疑者は、盗難車で州境を越えた罪で起訴されている。

司法省によれば、ヘンリー容疑者は2016年に仏ニースで起きたトラック突入テロのような事件を起こそうとしたが、現場が思ったほど混雑していなかったため、ボートに隠れて一夜を明かした。当局が盗まれたバンを追跡して同容疑者を発見し、逮捕したという。

同容疑者は9日、メリーランド州の裁判所に出廷する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]