米博物館、ウラン鉱石を長年放置 基準値超えの放射線に「被ばく」か

グランドキャニオン国立公園の博物館で、ウラン鉱石の入ったバケツが放置されていたことがわかった/Courtesy Elston Stephenson

グランドキャニオン国立公園の博物館で、ウラン鉱石の入ったバケツが放置されていたことがわかった/Courtesy Elston Stephenson

(CNN) 米グランドキャニオン国立公園の博物館で、ウラン鉱石の入ったバケツが20年近くも放置され、入館者や職員が基準値を超える放射線にさらされていた可能性があることが21日までに分かった。同公園の安全管理責任者が明らかにした。

安全管理責任者のエルストン・スティーブンソン氏がCNNに語ったところによると、問題のバケツは昨年6月に発見され、職員や観光客が安全基準を超える放射線にさらされた可能性があることを通知するよう、米国立公園局と内務省に対して申し入れた。しかしこの要請が無視されたことから、グランドキャニオンに勤務する全職員に宛てて、今年2月4日に電子メールを送ったという。

メールは「もしも2000年~2018年6月18日の間に博物館所蔵品のビルに立ち入ったことがあれば、OSHA(労働安全衛生局)の定義するウラン『被ばく』があった」という内容だった。

「ただし、あなたが汚染されたわけではなく、健康問題が生じることもない。単純に、その場所にウランがあって、あなたがそこにいたにすぎない。われわれは法に従ってそのことを告知しなければならない」

米内務省は、国立公園局が労働安全衛生局やアリゾナ州と連携して事実関係を調べ、対応に当たっていることを確認した。

内務省によれば、グランドキャニオン国立公園の岩石には天然ウランが含まれており、同博物館の所蔵品について最近行った調査では、放射線量は自然環境に存在する量と同程度で、健康や安全が懸念される量を下回っていることが分かった。「現時点で一般の人や同公園の職員にリスクはない」と内務省は強調している。

スティーブンソン氏によると、ウラン鉱石はバケツ3個に入った状態で、博物館内の剥製(はくせい)展示の隣に20年近く置かれていた。昨年6月、これに気付いてすぐに放射線専門家に連絡し、専門家が調べた得た結果、バケツ近くで自然量を上回る放射線が検出されたという。しかしそれ以外の場所では放射線量は上昇していなかった。

公園局は6月18日にバケツを撤去して、中身は近くのウラン鉱山に破棄した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]