先住民男性を取り囲み、からかう高校生 動画が波紋呼ぶ

ネイサン・フィリップスさんと高校生/Instagram/Kaya Taitano

ネイサン・フィリップスさんと高校生/Instagram/Kaya Taitano

(CNN) 米首都ワシントンのリンカーン記念館前で高校生のグループが高齢の先住民男性を取り囲み、はやし立てる場面の動画が、インスタグラムに投稿されて波紋を呼んでいる。

現地では18日、先住民への差別に抗議する集会が開かれた。閉会後に先住民の指導者の1人、ネイサン・フィリップスさんが太鼓をたたきながら祈りを詠唱し始めたところへ、1人の少年が近づいた。

少年の帽子には、「米国を再び偉大に」というトランプ米大統領のスローガンが書かれていた。少年が薄笑いを浮かべてフィリップスさんの目の前に立ちはだかり、周りで仲間がはやし立てる。集会に参加していた大学生のカヤ・タイタノさんが、この場面を撮影した。

タイタノさんがCNNに語ったところによると、少年らは「壁を建てろ」「2020年にトランプ再選を」などというスローガンを唱えていた。

フィリップスさんはベトナム戦争に従軍した経験を持ち、先住民の青少年団体でリーダーを務めたこともある。この日は少年らが激しい口論を始めたのを見かけ、癒やしの祈りを唱えていたという。

少年らに囲まれながら詠唱を続けたが、「恐ろしかった」「逃げ道をふさがれて困っていた」と話す。動画の中でも涙をぬぐいながら、少年らの態度を嘆いた。

少年グループは引率者に促されてその場から立ち去った。パーカーやジャケットの文字から、ケンタッキー州にあるカトリック系男子校の生徒と判明した。同じ日に近くで開かれた人工妊娠中絶反対の集会に参加していたとみられる。

高校が所属する教区は今後、事実関係を調査したうえで、退学を含めた処分を検討すると述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]