米大学、銃撃事件に備えてホッケーのパックで「武装」 2500個購入

銃撃戦が起きた場合に備えて、アイスホッケーのパックで「武装」することに/Oakland University

銃撃戦が起きた場合に備えて、アイスホッケーのパックで「武装」することに/Oakland University

(CNN) 米ミシガン州のオークランド大学が校内で銃撃事件が起きた場合に備えて、ホッケーのパックを2500個購入し、学生や校内の施設に配布したことが29日までにわかった。銃撃犯に対して、生徒や教員がパックを投げつけることを想定している。

オークランド大学警察の幹部、マーク・ゴードン氏はCNNの取材に対し、「負傷させるだけの十分な質量があり、投げやすい小ささで、持ち運べる。武器だとはみなされない」と説明する。

同大学ではすでに、銃撃事件が起きた場合の戦術「ラン・ハイド・ファイト(逃げる・隠れる・闘う)」について練習を行っている。問題のひとつは、生徒や教員が何を使って立ち向かうのかという点だったという。

必要なものは、即席の武器だった。ゴードン氏は、いすやカバン、ホチキスなど、教室で手に入りそうな品についてあらゆる種類の提案を受けた。

銃撃事件では、何らかの防御をすることで、生き残る確率が大幅に向上するという。

米国大学教授協会(AAUP)のオークランド大学支部のトップは、ホッケーのパックは「最後の手段だ」と強調。銃撃事件で使用されないことを望むと語った。

すでに2500個のパックを購入しており、800個を施設に配布し、残りを学生に配ったという。価格は1個94セント(約106円)だった。学生自治会も別に1000個注文したという。

AAUP同大支部はまた、教室の入っている建物に内側から鍵をかけられる設備の設置に向けて5000ドルを寄付している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]