トランプ陣営の差別的な選挙広告、NBCとFOXが放送を中止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプ陣営が反移民広告

(CNN) 米NBCとFOXニュースはそれぞれ5日、トランプ米大統領の陣営による反移民広告の放送を中止すると発表した。

広告はトランプ陣営が先週後半に公開していた。30秒の長さで、中南米から米国を目指して北上する移民集団を侵略者、犯罪者扱いする内容だった。

NBCは4日夜、トップクラスの視聴率を誇るアメリカンフットボールの番組でこの広告を流して批判を浴びた。この日は注目の試合中継があり、番組の視聴者は2100万人に上った。

NBCは5日の声明で「検討を進めた結果、広告の無神経な性格を認め、至急放送を取りやめることを決めた」と述べた。

FOXニュースとFOXビジネス・ネットワークも、この広告を計十数回放送していたが、NBCに続いて同様の決定を下した。

親トランプ政権の姿勢で知られるFOXの決断には「意外」との声も上がった。

広告はさらに米フェイスブックも流していた。同社は5日午後、扇情的な内容がフェイスブック広告の規定に反するとの見解を示し、有料広告としての掲載を中止すると発表した。

CNNにも2日にこの広告が持ち込まれたが、差別的と判断して放送を断っていた。

トランプ陣営の責任者、ブラッド・パースケール氏はツイッターで、NBCとCNN、フェイスブックを名指しし、「フェイク(偽)ニュースのメディアは市民が見たり考えたりすることをコントロールしようとしている」と批判したが、FOXには言及しなかった。

トランプ氏は記者からの質問に「その件については知らない」と答えた。広告の侮辱的な内容について聞かれると、「侮辱的なことは色々とある。君たちの質問も侮辱的なことが多い」と返した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]