米中間選挙の期日前投票、3100万票とすでに前回を上回る

中間選挙の期日前投票が3100万票を超えて、すでに14年時を上回ったことがわかった/Photo Illustration: Getty Images / CNN

中間選挙の期日前投票が3100万票を超えて、すでに14年時を上回ったことがわかった/Photo Illustration: Getty Images / CNN

ワシントン(CNN) 6日に投開票が行われる米国での中間選挙で、5日午前の時点での期日前投票が少なくとも3100万票となり、すでに前回2014年の中間選挙の期日前投票の数を上回ったことがわかった。データ企業カタリストの調査で明らかになった。

就任から2年のトランプ大統領に対する初めての「審判」の場となる中間選挙について、有権者が高い関心を示しているといえそうだ。

期日前投票の内訳をみると若年層が大きく伸びているほか、世論調査で民主党支持の傾向があるとみられている女性票の割合が男性票と比べて大きい。こうしたことは、民主党にとっては良い知らせといえそうだ。

ただ、重要なのは、この情報から結論を引き出さないことだ。ここ数年、期日前投票の利用がより堅調となっているほか、重要州での投票が、トランプ大統領や共和党、あるいは民主党への支持なのかは、はっきりしないためだ。

全国的に見て、期日前投票の数は大統領選のあった16年時と比べると約1000万票少ない。投票率は中間選挙よりも大統領選時のほうが高くなる傾向があるためだ。

しかし、一部の州では16年時の水準に近付いているほか、ニュージャージーやウェストバージニアといった州ではすでに16年時の水準を上回っている。

カタリストによれば、期日前投票を行った有権者に占める30歳未満の割合が多くの州でこれまでよりも大きく増えたという。14年と比べると、少なくとも10州で、30歳未満の有権者の割合が増えたという。

特に、テキサス、ジョージア、ネバダ、ニュージャージーの4州では30歳未満の有権者が占める割合が14年時の約2倍となった。

カタリストのデータによれば、性別で見ると、モンタナ、ネバダ、アラスカの各州を除いた全ての州で、期日前投票は男性よりも女性が多く行っている。ジョージア、フロリダ、カンサス、ニュージャージーの4州では、女性の割合が少なくとも男性の割合を10パーセントポイント上回っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]