一家4人が銃撃され死亡、1歳児の誕生パーティーで 米テキサス州

米テキサス州で銃撃、一家4人が死亡 

(CNN) 米テキサス州の民家で1歳児の誕生日パーティーの最中に4人が銃撃されて死亡する事件があり、警察が容疑者の男1人を逮捕、この男の父親の行方を追っている。

テキサス州公安当局によると、同州南部のタフトで13日午後5時15分ごろ、銃撃事件の通報を受けて警察が現場に駆け付けたところ、民家の裏庭で男性4人が死亡しているのを発見した。

目撃者は捜査当局に対し、「非常に些細(ささい)なことが発端で口論になり、銃撃事件に発展した」と話しているという。

パーティーに参加していた子どもたちのほとんどは家の中にいて無事だった。事件には拳銃1丁が使われた。

死亡したのはタフト在住のフアン・エスピノーサさん(62)と、エスピノーサさんの孫にあたる20~25歳の男性3人。エスピノーサさんの息子で3人の父親に当たる43歳の男性は、空路病院に搬送された。重体となっているが、命は助かる見通しだという。

この事件に関連してロニー・ロドリゲス・ジュニア容疑者(20)がタフト市内の自宅で警察に逮捕された。同容疑者の父親(37)は逃走を続けている。

死亡したエスピノーサさんの娘のベリンダさんによると、エスピノーサさんの一家とロドリゲス一家は家族ぐるみで親しく付き合っていた仲だった。ベリンダさんは銃撃が起きた当時、現場の家にはいなかったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]