これでも負傷者なし、事故写真が示すシートベルトの重要性 米

事故によるけが人は出なかった/Yavapai County Sheriff's Office

事故によるけが人は出なかった/Yavapai County Sheriff's Office

(CNN) 米西部アリゾナ州でこのほど、車3台がからむ事故が発生し、ピックアップトラックがセダンの上に乗っかるなどしたものの、負傷者は出なかった。当局は全員がシートベルトを着用していたと指摘し、そうした簡単な装置によって日々命が救われていることを思い出してほしいと強調している。

現場は白のピックアップトラックが赤のセダンに乗っかるといった状況だったが、アリゾナ州ヤバパイ郡の保安官事務所によれば、負傷者はいなかった。

ピックアップトラックを運転していた女性によれば、北へと車を走らせていたところ、同じ方向に向かって横のレーンを走行していた黒のトラックが接触し、コントロールを失ったという。

女性の車は対向車線に入ってしまい、黒の車とぶつかった。この衝撃でピックアップトラックは上空へと飛ばされ、セダンの上に落ちたという。

セダンに乗っていた2人と黒の車の1人、白のトラックの1人の全員が無事だった。

Yavapai County Sheriff's Office
Yavapai County Sheriff's Office

当局によれば、全員がシートベルトを着用しており、これによって命が救われたと指摘した。

ヤバパイ郡保安官事務所は声明で、「関係者全員がシートベルトを着用していた」と指摘。シートベルトの着用が悲劇を避けることの一助になったとし、「消防士が、今一度、全ての人たちに思い起こしてほしいのは、この簡単な装備の利用が日々、人々の命を救っているということだ」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]