プーチン氏がトランプ氏に贈ったボールに通信チップ?

プーチン氏がトランプ氏に通信チップ入りボール?

ワシントン(CNN) フィンランドで行われた米ロ首脳会談の場で、ロシアのプーチン大統領が米国のトランプ大統領に贈ったサッカーボール。この中に、通信用のチップが内蔵されていた可能性があることが分かった。

チップ内蔵の可能性は、プーチン氏がトランプ氏に手渡したアディダスのボールのロゴで判明した。チップは標準的な機能の一環として搭載されているもので、製品に関する限定情報の提供など、さまざまな機能を実現する。

米シークレットサービスは声明を発表し、「大統領への贈り物は全て徹底検査の対象となる」と強調した。

プーチン氏がトランプ氏に贈ったボールに実際にチップが内蔵されていたのかどうかは分からない。もし内蔵されていたとしても、必ずしも安全保障上のリスクが生じるとは限らない。

アディダスのウェブサイトによれば、このボールは近距離無線通信技術のNFCを使ってスマートフォンやタブレット端末と通信できる。同社はこの技術について「2つのデバイスが物理的に相互接続されると、データを交換したり特定の動作を発生させたりすることのできるデジタル技術」と説明している。

セキュリティ専門家はNFCについて、スマートフォンを使った決済などに利用されるもので、スパイ目的で使われることはあり得ないと解説。大統領への贈り物は全て、X線検査や電波が発信されていないかどうかなどの検査を行って、徹底的に調べられているはずだと指摘した。

それでもボールを巡る臆測は絶えない。共和党のリンジー・グラハム上院議員は、「もし自分だったら、サッカーボールに盗聴装置が仕掛けられていないかチェックして、絶対にホワイトハウスへは持ち込ませない」とツイートしていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]