トランプ氏、前政権高官らの機密情報アクセス権はく奪を検討

トランプ氏が前政権高官らの機密情報へのアクセス権はく奪を検討/Olivier Douliery/Pool/Getty Images

トランプ氏が前政権高官らの機密情報へのアクセス権はく奪を検討/Olivier Douliery/Pool/Getty Images

ワシントン(CNN) トランプ米大統領はオバマ前政権で国家安全保障政策を担当した高官ら6人について、機密情報にアクセスする権限をはく奪する措置を検討している。サンダース大統領報道官が23日、ホワイトハウスでの会見で明らかにした。

サンダース氏によると、アクセス権のはく奪が検討されているのは中央情報局(CIA)のブレナン元長官、連邦捜査局(FBI)のコミー前長官とマケイブ元副長官、クラッパー元国家情報長官、ライス元大統領補佐官(国家安全保障担当)、国家安全保障局(NSA)のヘイデン元長官。

6人がロシアによる米大統領選介入問題をめぐり、同国とトランプ政権の不正な関係を「根拠もなく」主張していることが、「不適切」とみなされるためだという。サンダース氏は、元高官らが公職の地位を政治的、金銭的な目的に利用してきたと批判した。

ただ、はく奪措置についてトランプ氏がいつ決断を下すかという見通しには言及しなかった。はく奪の具体的な手続きについては「選択肢を探っているところだ」と述べた。

米政府高官らは退任後も、後任者への助言などが必要となる場合のために、引き続き機密情報へのアクセス権が認められる。ただし事情に詳しい人物らによれば、6人のうちコミー氏とマケイブ氏はすでにアクセス権を失っているという。

大統領の権限でアクセス権をはく奪することは可能だが、その権限が政治的な報復として行使されるのは異例の事態だ。

クラッパー氏は、トランプ氏が政治的な理由でアクセス権をはく奪すれば「恐ろしい前例」となり、「制度の乱用」に相当すると主張した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]