散歩中の高齢男性殴打、女を逮捕 米LA

負傷したロドルフォ・ロドリゲスさん/Paul Vercammen/CNN

負傷したロドルフォ・ロドリゲスさん/Paul Vercammen/CNN

(CNN) ロサンゼルス郡保安官事務所は11日、メキシコから親族の家を訪れて散歩に出掛けた高齢の男性を路上で襲い大けがをさせたとして30歳の女を逮捕したと発表した。男性はコンクリートのブロックで殴られたほか、「メキシコへ帰れ」などと言われたという。

事件は今月4日に発生した。被害に遭ったのはメキシコ中西部ミチョアカン州のロドルフォ・ロドリゲスさん(91)。女は散歩中のロドリゲスさんを殴りつけた疑いで10日夜に逮捕された。容疑は凶器による襲撃。

当時、近くの公園に向かっていたロドリゲスさんは、幼い女の子を連れた女に突然襲われ、コンクリートのブロックで繰り返し殴られたという。女は近くにいた男たちに駆け寄り、ロドリゲスさんが娘を連れ去ろうとしたと訴えた。すると男たちも、歩道に倒れたロドリゲスさんをさらに蹴り始めた。ロドリゲスさんは「すれ違っただけで、子どもにはぶつかりもしなかった」と主張する。

現場を通りかかった女性が、CNNとの電話インタビューで語ったところによると、女はロドリゲスさんの頭をブロックで殴りながら「自分の国に帰れ、メキシコへ帰れ」と言っていた。

当局は声明で、逮捕された女について、黒人でロサンゼルス在住だと説明。これまでの調べで「憎悪が絡んだ事件ではないことが分かっている」と述べた。

当局は目撃者の女性が撮影した現場の写真から容疑者を特定していた。女性はフェイスブックに襲撃直後の動画も投稿。動画には顔から血を流して歩道の芝生に座り込むロドリゲスさんが映っている。

保安官事務所は、女の犯行動機に加え、他に襲撃に加わった人物がいたのかどうかについても究明する方針。

ロドリゲスさんはあごやほおの骨とろっ骨2本が折れたうえ、顔や背中、腹部に打撲傷を負い、病院で5~6時間手当てを受けた。現在は親族の家で療養中。襲撃について、生涯でこれほど痛めつけられたことはないと語っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]