中国の人工島を吹き飛ばす軍事力、米国防総省高官が言及

米国防総省高官は、米軍には中国の人工島を吹き飛ばす能力があると言及

米国防総省高官は、米軍には中国の人工島を吹き飛ばす能力があると言及

ワシントン(CNN) 中国が軍事拠点化を進める南シナ海の人工島について、米国防総省高官は31日、米軍には中国の人工島を吹き飛ばす能力があるとの認識を示した。

統合参謀本部のケネス・マッケンジー中将はこの日の記者会見で、中国の人工島を「吹き飛ばす」能力について記者から質問され、「米軍は西太平洋で小さな島々を撃破した経験が豊富にある」と答えた。

第2次世界大戦では、太平洋の複数の島が戦場になり、数千人の米兵が死亡した。そのことについて言及したのかと質問されたマッケンジー氏は、「我々が第2次世界大戦中に孤立した小さな島々を撃破した経験が豊富にあるのは事実であり、それは米軍がかつて実行した中核的能力だ」と語った。

国防総省高官としてのマッケンジー氏の発言は、特に重要な重みをもつ。米軍には「この地域で米国と同盟国の利益を守る」用意があると、同氏は言明した。

南シナ海をめぐって米海軍は27日、中国が領有権を主張する諸島付近で軍艦2隻を航行させる「航行の自由作戦」を実施、中国の反発を招いていた。

マッケンジー氏は「国際法で認められた航行の自由作戦を今後も継続する」と述べ、今後も引き下がらない姿勢を示した。

中国政府は31日、中国が南シナ海の軍事拠点化を進めているとする米国の主張について、「馬鹿げている」と一蹴した。

しかしマティス国防長官はこれに先立ち、軍事拠点化を否定する中国の主張に反論し、「(中国は)これまでそこになかった兵器を持ち込んでいる」と強調。「国際法を逸脱したと判断する行為に対しては対峙していく」と述べていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]