目の中で動く寄生虫、牛から人へ初の感染確認 米CDC

ベックリーさんは目に不快感を覚えたと振り返る

ベックリーさんは目に不快感を覚えたと振り返る

CDCで調べた結果、これまで米国内の10人で確認されていたのは犬に感染する寄生虫だったのに対し、ベックリーさんの目に寄生していたのは牛に感染する「テラジア・グローサ」という寄生虫だったことが分かった。人への感染が確認されたのは初めてだった。

抗寄生虫薬を使えば死骸が目の中に残る恐れがあることから、医師は引き続き、寄生虫を見つけたら自分で取り除くようベックリーさんに指示した。

最後の寄生虫を取り出したのは、初めて発見してから20日後だった。以後、寄生虫は見つかっていない。視力も正常で、合併症も発症していないという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]