トランプ氏、シャーロッツビルの暴力は「双方に責任」

衝突の「責任」巡り、記者と問答

(CNN) トランプ米大統領は15日、白人至上主義者らと反対派の衝突で死傷者が出たバージニア州シャーロッツビルの事件について、「責任は双方にある」との見方を示した。

トランプ氏はこの日、ニューヨーク中心部の自宅、トランプタワーのロビーで記者会見した。

記者団との質疑応答で、白人至上主義を掲げる過激な「オルタナ右翼」などの集会に抗議した反対派を「オルタナ左翼」と呼び、「こん棒を振り回して(オルタナ右翼に)向かっていったかれらに問題はあるか。私はあると思う」と述べた。

さらに「一方に悪い集団がいて、もう一方にも非常に暴力的な集団がいた。だれも言いたがらないが、私は今ここでそう明言する」と語った。

シャーロッツビルでは12日、白人至上主義者らが大規模な集会を計画。これに抗議していた人々の集団に車が突っ込み、女性1人が死亡した。

トランプ氏は直後に、事件は「多方面」に責任があるとの声明を発表した。これに対して白人至上主義者側をはっきり非難するべきだとの声が強まったことを受け、14日の声明で白人至上主義団体やネオナチを非難していた。

15日の会見では、非難声明を出すまでの2日間の沈黙について「大半の政治家と違い、私は発言の内容が正しいという確信を持ちたかった」と説明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]