夫がクルーズ船内で妻を殺害か、笑われ続けて逆上 米

2017.07.30 Sun posted at 17:29 JST

[PR]

(CNN) 米連邦捜査局(FBI)は30日までに、米アラスカ州沖合を遊覧する客船上で39歳の夫が自らを笑いの材料にするのをやめなかった妻を殺害したとみられる事件が起きたと報告した。

事件調書などによると、夫は事件の目撃者に妻が笑うのをやめなかったのが犯行の動機と漏らしたという。殺人容疑に問われている。

同客船の運航元「プリンセス・クルージズ」によると、殺害は現地時間の今月25日午後9時ごろ、客船「エメラルド・プリンセス」の船内で発生。原因は家庭内のもめ事としている。夫婦は米ユタ州に居住している。

目撃者は、夫は船のバルコニーに妻を引きずり込むように連れ出し、直後に船室へ戻っていたと証言した。

事件調書によると、警備員や医療要員が夫婦の船室に到着したところ、頭部に重傷を負った妻と手が血まみれの夫の姿を発見したという。

FBIによると、夫は身体検査を受けた際、「私の人生は終わった」との言葉を口にしたという。

プリンセス・クルージズによると、エメラルド・プリンセスは計7日間の往復の船旅のため23日に米ワシントン州シアトルを出港。事件発生のためか当初26日に予定していた観光名所の「トレーシー・アーム・フィヨルド」見学は中止となった。

メールマガジン

[PR]