何か起きたら判事のせい――トランプ氏発言に党内からも疑義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「米国を危険に」 トランプ氏が判事を批判

ワシントン(CNN) イスラム圏7カ国からの入国を禁じた大統領令をめぐってワシントン州の判事が一時差し止めを命じた件に関連し、トランプ米大統領がこの判事に対して「米国を危険に陥れることになる」などと批判したことについて共和党内からも批判的な意見が出ている。

トランプ大統領の批判の矛先が向いたのはジェームズ・ロバート判事。トランプ氏は「1人の判事が米国をこのような危険に陥れるかもしれないとは信じられない。もし何かが起きたら、判事と裁判制度のせいだ」などとツイッターに書き込んだ。

トランプ氏は4日にも、ツイッターに「判事と称するこの人物の意見は、我が国から法執行を奪うもの。ばかばかしい意見で、覆されることになるだろう」と書き込んでいた。

ホワイトハウスの情報筋によれば、最高裁判事にニール・ゴーサッチ氏が指名され公聴会が控えるなか、トランプ氏の攻撃は問題となるかもしれないとの見方を示す。情報筋の1人は「大統領が判事を攻撃するのを喜ぶ人はいない」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]