全米各地のモールで乱闘騒ぎ ソーシャルメディアで呼び掛けか

全米各地のモールで乱闘騒ぎ

(CNN) クリスマス翌日のセールが恒例となっている26日、全米10カ所以上のショッピングモールで若者たちの乱闘騒ぎが続発した。

若者が警察に拘束されたり、モールが予定より早く閉店したりしたケースも報告されている。乱闘の原因は不明だが、一部の騒ぎはソーシャルメディアでの呼び掛けが発端になっていたことが分かった。

コロラド州オーロラの警察によると、同市内のモールでは、けんかを予告したソーシャルメディアへの投稿を見て約100人がフードコートに集合した。乱闘はモール全体から映画館、近くの駐車場まで広がり、モールは昼過ぎに閉店に追い込まれた。

警察によると、最終的には約500人が騒ぎにかかわったとみられる。未成年者5人が拘束されたが、武器は押収されていない。駐車場で襲われた1人が負傷して病院へ運ばれた。

イリノイ州オーロラのモールでも大規模な乱闘が起き、13~17歳の8人が拘束された。買い物客が退避し、モールは閉鎖されたが、負傷者の報告は入っていない。

テネシー州メンフィス市内では2カ所のモールで騒ぎが相次ぎ、計7人が拘束された。どちらのモールも閉店時間を早めたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]