全米各地のモールで乱闘騒ぎ ソーシャルメディアで呼び掛けか

一部では負傷者が出る事態となった

一部では負傷者が出る事態となった

同州チャタヌーガのモールでは、銃声のような音が響いて買い物客が出口に殺到した。駆けつけた警察の調べによると、万引きグループが犯行をごまかすために使った花火の音だったと判明した。

ノースカロライナ、ニュージャージー、テキサス、オハイオの各州でも、モールで銃声が聞こえたとの通報を受けて警察が出動したが、発砲の形跡は見つからなかった。乱闘で椅子などが倒れた音が響き、買い物客らが銃撃と勘違いしたとみられる。

テキサス州フォートワースの警察報道官は地元テレビ局とのインタビューで、「全米各地のモールで銃乱射事件が続発しているうえに、買い物客で混雑するクリスマス翌日ということもあり、大至急出動した」と強調した。

オハイオ州ビーチウッドの騒ぎでは少年1人が拘束され、地元警察が催涙スプレーを使って乱闘グループを排除した。警察は、ソーシャルメディア上で呼び掛けがあったとの見方を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]