クリントン氏が2ポイントのリード 最新世論調査

共和党候補のトランプ氏(左)と民主党候補のクリントン氏

共和党候補のトランプ氏(左)と民主党候補のクリントン氏

ワシントン(CNN) 米大統領選を目前に控えた最新の世論調査で、民主党のヒラリー・クリントン氏が共和党のドナルド・トランプ氏をわずかにリードしているとの結果が出た。ただし、両氏の差は統計上の誤差範囲内にとどまっている。

FOXニュースの世論調査で出た支持率は、クリントン氏が45%対43%でトランプ氏をリード。リバタリアン党のゲーリー・ジョンソン氏は5%、緑の党のジル・スタイン氏は2%だった。

調査は1~3日、投票を予定している1107人を対象に実施された。統計上の誤差範囲は3ポイント。

この1週間に実施されたほかの世論調査も同様の結果だった。クリントン氏の私用メール問題で連邦捜査局(FBI)が新たに見つかったメールを調べていると発表した後、同氏のリードは縮小傾向にある。

先月20~23日に実施されたCNNと調査機関ORCの共同調査からフォックスの調査まで、直近5件の世論調査結果をCNNが平均した支持率は、クリントン氏が47%とトランプ氏の42%を5ポイント上回った。ジョンソン氏は4%、スタイン氏は2%となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]