米連邦当局、マリフアナの規制緩和を拒否

2016.08.12 Fri posted at 17:22 JST

[PR]

(CNN) 米麻薬取締局(DEA)は11日、州レベルで医療用や嗜好(しこう)用の使用を認める動きが広がっているマリフアナ(乾燥大麻)について、連邦法上の規制を緩めるつもりはないとの立場を明らかにした。

DEAの発表は研究目的での規制緩和を求めた嘆願2件に対応したもの。マリフアナは現在、規制物質法で「付表1」に分類されているが、これが今後も維持されることになる。付表1には医療上の使用が認められず中毒性の高い物質が指定されており、ヘロイン、LSD、エクスタシーなども含まれている。

DEAは嘆願を受け米食品医薬品局(FDA)に「科学的、医学的な評価」を要請。その結果、マリフアナの医療目的での研究では、治験薬の申請に基づき、科学的に有効かつ適切に管理された臨床試験を実施するのが最も妥当だとの結論に達し、今回の決定に至ったと説明した。

だが、DEAを批判する人々は研究者はジレンマに陥っていると主張する。規制緩和を求めるにはさらなる調査が必要となるが、それにはDEAやFDA、国立薬物乱用研究所(NIDA)などの連邦関係機関から承認を得る必要がある。

NIDAは研究用の大麻栽培で1968年からミシシッピ大学と契約。同大以外はその栽培が認められていない。研究者がマリフアナを入手するにはNIDA経由で入手するしかないが、NIDAはその危険性や中毒性の検証を使命としており、有効性を調べたい研究者とは立場のずれがあった。

DEAは今回、研究用の大麻の生産や流通について、新規参入を認める方針も明らかにした。「これまでNIDAの許しを請わずに実験はできなかった」と語る精神科医のスー・シスリー氏は、DEAの新方針を「科学者の大勝利だ」と称賛。今後10年間のマリフアナの医療利用を導く転換点だと評価した。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]