米ゴリラ射殺 園長「同じことする」、保護者の責任問う声も

ゴリラ舎に入り込んだ男の子を救うためゴリラを射殺する出来事があった

ゴリラ舎に入り込んだ男の子を救うためゴリラを射殺する出来事があった

(CNN) 米オハイオ州シンシナティの動物園がゴリラ舎に入り込んだ3歳の男の子を救うために希少なゴリラ1頭を射殺した問題を巡り、米国内で波紋が広がっている。同動物園のセイン・メイナード園長は30日、もし同じことが起きれば同じ対応をすると強調した。

17歳のオスのニシローランドゴリラ「ハランベ」(体重約200キロ)は、係員が28日、男の子を救うためにライフル銃で撃って射殺した。動物園によると、男の子は柵や鉄線をくぐって堀を乗り越え、ゴリラ舎に入り込んでいた。目撃者が撮影した映像には、ハランベが男の子をひきずり回す様子が映っていた。

インターネットでは動物園の対応を非難する声が広がり、子どもから目を離した保護者の責任を問う声も出ている。

メイナード園長は記者会見で、対応を非難する人たちはニシローランドゴリラのことがよく分かっていないと反論し、「子どもの生命が危険にさらされていた。ニシローランドゴリラに対してリスクを取ることはできない。相手は危険な動物だ」と強調した。

男の子は28日に家族と動物園を訪れていて、家族が目を離したすきにゴリラ舎に入り込んだ。現場を携帯電話のカメラで撮影した目撃者の女性は、男の子が母親との会話で水に入ろうかと冗談を言う声が聞こえ、それから突然、その子どもがハランベに引きずられていたと証言する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]