米爆撃機B52、グアム基地で墜落 乗組員は脱出

訓練中に墜落し、炎に包まれるB52=KUAM News

訓練中に墜落し、炎に包まれるB52=KUAM News

(CNN) 米空軍の戦略爆撃機B52が19日、グアムにあるアンダーセン空軍基地での訓練中に墜落、炎上した。7人の乗組員は全員、安全に機体から脱出し、負傷者も出なかった。

同基地によれば墜落事故が発生したのは同日の午前8時半ごろ。地元テレビ局の映像では、墜落後の焼け焦げた機体からオレンジ色の炎と濃い煙の吹き上がる様子がとらえられている。

現時点で事故の詳細に関する情報は入っていない。基地側は「事故については現在調査中であり、周辺環境への悪影響を緩和するための措置を取っている」と説明した。

軍当局者によれば墜落したB52はノースダコタ州にあるマイノット空軍基地の所属。グアムでは、北米と異なる環境での訓練が実施できるとしている。1機当たりのコストは8400万ドル(約92億円)だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]