ハワイで小頭症の新生児、ジカ熱の感染を確認 米国で初

2016.01.18 Mon posted at 10:37 JST

[PR]

(CNN) 米ハワイで生まれた小頭症の新生児が、蚊が媒介する感染症のジカ熱に感染していたことが18日までに分かった。南米ブラジルではジカ熱が流行し、小頭症の乳児が激増しているが、米国で症例が確認されたのは初めて。小頭症とジカ熱との因果関係が確認されたわけではないが、当局は警戒を呼びかけている。

米疾病対策センター(CDC)によると、小頭症の乳児はオアフ島で生まれ、過去にジカ熱に感染していたことが確認された。ハワイの衛生当局は、2015年5月にブラジルに滞在していた母親がジカ熱に感染し、妊娠中に母子感染したとみている。

当局は「乳児からも母親からもウイルスが他人に感染する恐れはない。ハワイで感染するリスクはなかった」と強調している。

ジカ熱と小頭症との関係は最近になって指摘された。ブラジルでは過去4カ月で乳児3500人の小頭症が確認され、46人が死亡している。2014年の症例数はわずか147例だった。

ブラジルでは同じ時期にジカ熱の流行が拡大。衛生当局は妊婦のウイルス感染と小頭症の急増に因果関係がある可能性もあるとみて、調査を進めている。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]