トランプ氏、身体障害の記者の姿態あざける NYT紙反発

2015.11.26 Thu posted at 17:04 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 来年の米大統領選の共和党指名候補争いに出馬した実業家ドナルド・トランプ氏が選挙集会で身体障害を持つ米紙ニューヨーク・タイムズの記者の姿態をあざけるようなポーズを見せ、同紙は常軌を逸した振る舞いと激しく反発している。

トランプ氏は24日夜、サウスカロライナ州の集会で誇張された声音や腕を使ってサージ・コバルスキー記者の姿をまねる仕草を示していた。同記者は腕の動きに先天的な障害を持っている。

タイムズ紙の広報担当者はCNNMoneyの取材に「我々の記者の1人の外見を嘲笑するのは恥知らずの行為」と糾弾した。

トランプ氏の今回の行動の背景には、2001年の米同時テロについてニュージャージー州で数千人規模のイスラム教徒が世界貿易センタービルが倒壊する際に喝采を送ったのを見たとする自らの発言が絡んでいる。この発言は物議を醸している。

同記者は当時、米紙ワシントン・ポストに勤め、喝采の情報が流れた後、直ちに取材を始めそのような反応はなかったと結論付ける記事を書いていた。ポスト紙との最近の会見でも喝采を目撃したと証言した人物は思い出せないとも指摘していた。

トランプ氏は24日の集会で、喝采の事実の有無について「14年前のことだ」とも主張した。

コバルスキー記者はニューヨーク・デーリー・ニューズで勤務していた際、たびたびトランプ氏を取材した経験があり、同氏は身体障害のことは知っていたとみられる。また、これまでの選挙戦で自らを不快にさせた記者や評論家らを攻撃する言動もたびたび示している。

メールマガジン

[PR]