米共和党候補ジンダル氏、大統領選から撤退

大統領選からの撤退を表明したジンダル氏

大統領選からの撤退を表明したジンダル氏

ワシントン(CNN) 来年の米大統領選で共和党からの指名を目指していたボビー・ジンダル・ルイジアナ州知事(44)は17日、大統領選からの撤退を表明した。

ジンダル氏はFOXニュースに対し、「私の出番ではなかった」と述べ、大統領選からの撤退を明らかにした。

ジンダル氏は以前は指名争いの有力候補とみられていた。しかし、今回の大統領選では不動産王のドナルド・トランプ氏や元外科医師のベン・カーソン氏といった主流ではない候補者に支持を奪われていた。

CNNとORCの世論調査では支持率が2%を超えたことはなく、共和党討論会でも「前座」の位置に甘んじていた。

ジンダル氏の顧問によれば、ジンダル氏は別の共和党候補者への支持を表明する可能性がある。ただ、するとしても、すぐではないという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]