シカゴの滑走路でニアミス、管制官「止まれ」と絶叫

空港に駐機中の米デルタ航空の旅客機

空港に駐機中の米デルタ航空の旅客機

(CNN) 米シカゴのミッドウェー国際空港でこのほど、交差する滑走路上で旅客機2機が同時に離陸態勢に入り、衝突する寸前で停止するトラブルがあった。米連邦航空局(FAA)が明らかにした。

ニアミスは現地時間の16日午後7時40分ごろ発生。サウスウエスト航空3828便が離陸許可を受けて滑走路上を移動していたところ、これと交差する滑走路でほぼ同時に、デルタ航空1328便が離陸態勢に入った。FAAの発表によれば、デルタ機には正式な離陸許可が下りていなかった。

交差する滑走路上で2機が同時に離陸態勢に入ることはあってはならない事態で、大惨事を招いていた可能性もある。

管制官は2機が交差地点に向かっていることに気付き、直ちにデルタ機に警告。録音記録には「止まれ、止まれ、止まれ!」と絶叫する声が収録されていた。

両機は滑走路の交差地点から約600メートルの位置で停止した。サウスウエスト機はその後、オクラホマ州タルサへ向けて無事出発した。

FAAはニアミスが起きた経緯について調査に着手した。デルタ航空は調査に全面的に協力すると表明している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]