バイソン襲撃でまた重傷者 米イエローストーン国立公園

イエローストーン国立公園で、バイソンによる負傷者が再び

イエローストーン国立公園で、バイソンによる負傷者が再び

(CNN) 米イエローストーン国立公園で2日、オーストラリア人の男性(62)がアメリカバイソンに襲われ、重傷を負った。

同公園では先月も、台湾からの女子留学生(16)がアメリカバイソンに襲われて重傷を負ったばかり。

公園当局者によると、男性は多くの来園客でにぎわうオールド・フェイスフル間欠泉に近いロッジ周辺で1頭のアメリカバイソンを見かけ、写真を撮ろうと1~1.5メートルの距離まで近付いた。

目撃者らによれば、アメリカバイソンはアスファルトの通路のわきに横たわり、それを数人が取り囲んでいた。

ところが突然、アメリカバイソンが男性に襲いかかり、男性は何度も空中に放り投げられた。救急車で病院へ運ばれたが、命に別条はないという。

イエローストーン国立公園には推定2300~5000頭のアメリカバイソンがいる。毎年数人の来園者が襲われ、死亡する例もある。公園当局は「どんなにおとなしく見えても野生動物には近付いてはいけない」と警告し、23メートル以上の距離を置くよう呼び掛けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]