米の漁師、メカジキに胸刺されて死亡 ハワイ島

(CNN) 米ハワイ州の警察当局は31日までに、同州ハワイ島でメカジキを捕まえようとしていた47歳男性の漁師がメカジキの長くて鋭い上あご部分に胸上部を刺され、搬送先の病院で死亡したと発表した。

現場は同島ホノコハウ・ハーバー内で、男性はメカジキを発見した後、海中に飛び込み、水中銃を発射して命中させた。地元警察によると、メカジキがこの後に暴れ、男性が刺されていた。

地元の警察官はCNN系列局KHONに、メカジキは男性の小型船舶の錨(いかり)周辺を泳ぎ回った後、男性の方へ向かってきたとも説明した。

このメカジキの体長は約183センチで、うち半分の長さが上あご部分となっていた。重さは約18キロだった。

米国内のメカジキの漁獲量ではハワイ州が大きな割合を占めている。メカジキは動きの速さやどう猛さで知られる。

同州オアフ島ワイキキの水族館幹部はKHONの取材に、メカジキが今回ホノコハウ・ハーバー内に入り込んだことについて小さな魚の群れを追って浅瀬に迷い込んだか、負傷していた可能性があると指摘した。

死亡した男性は経験豊富な漁師で、遠海での魚釣りのチャーター船業を営んでいたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]