オバマ氏長女の車運転、教官はシークレットサービス

オバマ米大統領(右)と娘のマリアさん

オバマ米大統領(右)と娘のマリアさん

ワシントン(CNN) ミシェル・オバマ米大統領夫人は9日までに、16歳になる長女マリアさんの車の運転教官役は米大統領警護隊(シークレットサービス)隊員で、時々はホワイトハウスの敷地外で自ら運転し、技術の向上に努めていることを明らかにした。

米テレビ局との会見番組の中で述べた。警護隊要員の教官役は、警護隊が「ミシェル夫人とマリアさんの同じ車への同乗を認めないのが原因」と指摘。

ただ、ここ7、8年は車の運転から遠ざかっていて基本的技術も忘れがちなため、警護隊要員によるマリアさんの訓練は良策とも認めた。マリアさんが公共の駐車場での駐車の仕方を尋ねてきた際にも適切な助言を与えることが出来なかったエピソードも明かした。

ミシェル夫人は、マリアさんの周囲には常に護衛が配置されているものの、運転技術を習得するためには自分で運転する必要性を強調。マリアさんが法的に運転免許が取得可能となった後、この方針を適用しているとした。

また、自力での運転を促しているのは、大統領息女という特異な環境での教育を強いられている中で、出来る限り普通の生活環境を子どもたちに与えるための努力の1つとも説明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]