オバマ米大統領、イラク限定空爆を承認

2014.08.08 Fri posted at 11:34 JST

[PR]

(CNN) オバマ米大統領は7日、イラクで米国人を守るために標的を絞った空爆を承認したと発表した。

オバマ大統領は、「国民を守るためにできる限りのことをする。同盟国が危機にさらされれば支援する」と強調。イラクで市民を守るために戦っている部隊を支援する目的で、標的を絞った空爆を承認したと表明した。

イラク情勢については「我々に大量虐殺を阻止できる能力がある限り、米国が見て見ぬふりをすることはできない」とした。

これに先立ち米国防当局者は同日、イラク北部でイスラム過激派組織の侵攻を受けて避難した住民を支援するため、食料や水を空から投下する作戦を実施したと明らかにした。

国防当局者によると、この作戦は米中央軍の指揮下で実施された。米軍機は人道物資を投下した後、直ちに同地の空域から脱出したという。

イラク北部ではイスラム過激派組織「イスラム国」の侵攻を受けて少数民族ヤジディの住民が山間部に逃れ、食料も水もない状態で生命の危険にさらされていると伝えられていた。米政府は差し迫った状況にあると判断して、今回の作戦に踏み切ったという。

メールマガジン

[PR]