米国務長官がロシアに「最後通告」 緊張続くウクライナ情勢

ケリー米国務長官がロシアに「最後通告」

ケリー米国務長官がロシアに「最後通告」

ウクライナ南部シンフェロポリ(CNN) 緊張が続くウクライナ情勢を巡り、米国のケリー国務長官は8日、ラブロフ・ロシア外相への電話で、ロシア側の挑発が続けば交渉の余地はなくなると警告した。オバマ米大統領は同日、欧州各国首脳らとの電話会談でロシアに自制を求める必要性を確認した。

米政権高官の話によると、ケリー長官はラブロフ外相に、ロシアがウクライナ南部クリミア半島などで挑発行為を続け、同半島のロシア編入を進めようとするなら「外交解決の可能性は閉ざされる」と最後通告を突きつけた。

ケリー長官は一方で、米国は関係国と協力してウクライナとロシアの対話を促す用意があると強調した。

米ホワイトハウスによれば、オバマ大統領はこの日、英国、フランス、イタリアの各首脳と電話で会談し、さらにリトアニア、ラトビア、エストニアの各大統領との電話会議を開催した。

首脳らはロシアに対して、軍を撤収し、国際監視団の派遣やウクライナとの直接対話に向けた枠組み設置などに同意するよう求めるべきとの認識で一致した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]