釣りの男性、サメに襲われ死亡 ハワイ・マウイ島沖

サメに襲われ男性死亡 ハワイ

(CNN) 米ハワイ州のマウイ島沖で2日朝、カヤックに乗って釣りをしていた男性がサメに襲われ、搬送先の病院で死亡が確認された。同州で今年報告されたサメの襲撃は13件に達した。

州当局によると、男性はマウイ島南西部の岬から約800メートルの沖合でカヤックに乗り、ルアーを使って小魚を取っていた。カヤックの外に投げ出した脚にサメがかみついたとみられる。

約500メートル離れた場所でカヤックに乗っていた同行者の男性がこれに気付き、男性の脚に止血帯を巻いてから近くの観光ボートに助けを求めた。男性はボートで岸へ運ばれたがこの間に死亡したとみられ、病院で死亡が確認された。

死亡した男性は40代とされるが氏名などは公表されず、地元住民か観光客かは明らかでない。

当局は現場の水域を一時立ち入り禁止とし、近くの海岸を訪れる人にも海に入らないよう呼び掛けた。

ハワイ州で報告されるサメの襲撃は最近まで年間平均4件ほどだったが、昨年は10件に上り、過去最高を記録。今年はすでに昨年の件数も上回った。8月にはドイツから観光に訪れていた女性がサメにかまれて死亡した。

特にマウイ島での発生が多いことから、州当局は同島周辺でサメの行動を調べる2年間の研究に着手した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]