輸入香辛料に昆虫やネズミの毛、サルモネラ感染も 米当局

(CNN) 米食品医薬品局(FDA)がこのほどまとめた香辛料の衛生状態に関する報告書で、米国に輸入された香辛料の12%に昆虫の体の一部やネズミの毛などが混入していたことが分かった。

さらに輸入品の検査では、7%から下痢や発熱などの症状を引き起こすサルモネラ菌が見つかっているという。

香辛料からこうした不衛生物質が見つかる割合は、輸入食品全体の2倍に上る。特に混入率が高かったのはインドとメキシコ産の香辛料だった。

ただし香辛料が健康被害に結びついた事例は少数にとどまっている。73年間の記録を調べた結果、香辛料や調味料を原因とする食中毒の発生数は世界で14件のみで、症状が出たのは2000人未満、入院は128人だった。この数字はほかの食品に起因する食中毒に比べると少ないという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]