米大統領選第3回討論会、オバマ氏攻勢 中東問題を中心に議論白熱 

第3回討論会、中東問題から論戦開始

(CNN) 米大統領選に向けた第3回テレビ討論会では、民主党のオバマ大統領が現職の強みを発揮して攻勢に出たのに対し、共和党のロムニー氏はオバマ政権の対応を肯定する場面が見られ、防御的な姿勢が目立った。

今回の討論会は外交・安全保障をテーマに、フロリダ州ボカラトンで90分間にわたって行われた。

司会のボブ・シェーファー氏は、中東情勢や世界における米国の役割、中国の台頭などについて両候補に質問を投げかけた。オバマ氏は、軍最高司令官を兼ねる大統領としての経験に基づいて過去4年間の実績を強調。ロムニー氏はオバマ政権の対シリア、対イラン政策に「正しい方向だ」と支持を表明したうえで、さらに強化すべきだと主張した。

ロムニー氏は国際テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディンを殺害したオバマ政権の作戦を称賛したが、一方でこうした殺害により「混迷する現状から抜け出せるわけではない」と警告。「イスラム世界が自ら過激主義を拒否するよう促す包括的な戦略が必要だ」と述べた。ただ、独自の具体策を提案するには至らなかった。「対イラン軍事介入は最後の手段」としたオバマ氏に同意するなど、共和党内でも穏健派寄りの立場を鮮明にした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]