ロムニー氏の支持率上昇、一部調査でオバマ氏を逆転 米大統領選

共和党のロムニー候補

共和党のロムニー候補

ワシントン(CNN) 米世論調査機関が8日に発表した最新の支持率調査で、米大統領選の共和党候補ロムニー氏が3日のテレビ討論をきっかけに支持率を巻き返している傾向が鮮明になった。

調査機関ピュー・リサーチ・センターがテレビ討論後の4~7日にかけて対象に実施した調査では、投票予定者のうち、ロムニー氏を支持する人が49%となり、民主党のオバマ大統領の45%を逆転した。同社の9月半ばの調査では、オバマ氏が51%の支持を集め、ロムニー氏の43%を上回っていた。

登録有権者の間では両者の支持率は46%と拮抗。先月中旬に行った調査ではオバマ氏51%、ロムニー氏42%で、オバマ氏は差を詰められている。

一方、ギャラップが同日発表した調査では、オバマ氏の支持率が50%と、ロムニー氏の45%を依然リードしている。この調査はテレビ討論と前後して、1~7日にかけて登録有権者を対象に実施された。

ギャラップの調査は全米の登録有権者約2200人を対象に電話で実施。ピューは投票に行く可能性が高い有権者1112人を対象に電話で実施した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]