米大統領選の行方 「最大の脅威」中国への姿勢が鍵か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調査機関ピュー・リサーチ・センターの最新の調査によると、大半の米国人は米中関係が良好だと考えている。また、中国を敵でもパートナーでもなく競争相手だと見なしているという。

ただ、米国にとって最大の脅威となる国は中国だとする米国人は26%と最も多く、イランや北朝鮮をも上回る。また、52%は、世界の大国としての中国の台頭は、米国にとって大きな脅威だとしている。

8割近くの米国人は中国による米国債の大量保有を深刻な問題だととらえているほか、雇用の中国への流出(71%)と対中貿易赤字(61%)も深刻だとしている。また、約半数は、地球環境への影響、サイバー攻撃、軍事力増強、人権政策などで中国に関して懸念を抱いている。

そして、中国を信用できると考える米国人は26%に過ぎない。

28%が次期大統領に中国との関係の強化を求めているのに対し、24%が経済・貿易問題で中国に強硬な態度で臨むことを求めているなど、米国民の中国への対処に仕方ついては意見が分かれている。

一方で、ピュー・リサーチ・センターの調査によると、外交関係の有識者の意見はやや異なっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]