世界の頂点に立つ小さな空港 米アンカレジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CNN) 雪に覆われた米アラスカの州チュガック山脈を背景に、わずか30万人が暮らす都市アンカレジ。ここに世界最高の立地条件を誇る空港がある。

標準的な世界地図で見ると、アラスカは遠く離れた場所にあるように見えるかもしれない。だが頭の中で地球を回転させれば、アラスカが文字通り世界の頂点にあることがわかる。

テッド・スティーブンス・アンカレジ国際空港は、ニューヨークと東京の中間に位置し、9割の工業先進国から9時間半ほどで到着する貨物ハブ空港だ。

アラスカの州チュガック山脈を背景に、「世界最高の立地」を誇るアンカレジ国際空港がある/Shutterstock
アラスカの州チュガック山脈を背景に、「世界最高の立地」を誇るアンカレジ国際空港がある/Shutterstock

現在、世界30カ国以上がロシアの航空機による自国領空の通過を禁止し、ロシアも同様の禁止措置を講じている。ウクライナやベラルーシの領空も閉鎖された今、アンカレジは戦略的に重要な場所であることが証明されるだろう。

ストップオーバーの街

アンカレジ空港は1951年に完成し、冷戦によってソ連上空の飛行が厳しく制限されていた40年間、欧州から東アジアへ向かう旅客便の中継地として親しまれた。

90年代に入り国際関係の緊張が緩和されると、航空会社は広大なロシア上空を通過する最も直接的で経済的なルートを採用できるようになり、コスト削減、飛行時間の短縮、運賃の引き下げが可能となった。

これによりアンカレジ空港は、貨物輸送の主要拠点として、また季節ごとに旅客便を運航する小規模空港としての役割を担うようになった。現在の年間旅客数は約500万人。較対象として、ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港の2019年の旅客数はおよそ1億1000万人だった。

だが、20年初めに新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が発生すると、アンカレジは医療物資の国際輸送で重要な役割を果たし、再び世界から脚光を浴びるようになった。また短期間ではあるが、世界で最も発着便数の多い空港になった。

世界の旅客輸送量が9割以上減少する中、「貨物輸送能力への需要が高まっている」と、当時の空港長ジム・スツェスニアック氏は20年4月にCNN Travelに語っている。その主な理由は、「北米における新型コロナに必要な物資の多くが、アジアで生産されているため」だった。

スツェスニアック氏は「飛行機は飛行距離を短くするために(地球の)上空を飛ぶ。アンカレジの利点は、貨物を満載に積んだ飛行機が、燃料を半分しか積まなくて済むことだ。飛行機はアンカレジに乗り入れ、燃料を補給し、目的地に向かう」と説明している。

記録的な航空貨物量

パンデミックの最中、1日当たり約130機の貨物用ワイドボディー機がアンカレジ空港を利用したため、駐車スペースを確保するために空港内の新しいエリアを使用しなければならない状況だったという。

20年には、先ごろウクライナで破壊されたばかりの重量ベースで世界最大の航空機「アントノフ225ムリーヤ」も受け入れていた。

だが今年、アンカレジ空港を利用するワイドボディー機の数は1日当たり115機が「新基準」になったと、同空港の事業部門運営マネジャー、トゥルーディ・ワッセル氏は3月初めにCNNに語っている。これは貨物便の乗組員が宿泊するホテルの部屋数で言うと、1晩当たり約300室に相当するという。

米物流大手UPSとフェデックスのハブ空港であるアンカレジ空港は、サプライチェーン(供給網)の強化により、2年連続で航空貨物の取扱量が過去最高を記録している。取扱量は21年単独で約360万トン。アンカレジに住む約10人に1人は空港関連の職業に就いているという。

ワッセル氏はCNNに対し、ロシア領空が再び飛行禁止となった今、アンカレジ空港を利用する必要に迫られた航空会社を受け入れる準備ができていると説明。「我々は、航空会社からアンカレジを経由する要請があった場合にいつでも対応できるよう、インフラの確保に向けて作業を進めている」と述べた。

これは、運航上のあらゆるニーズに対応するということだ。「例えば、航空会社はただ燃料の補給や、乗務員の交代といったテクニカルストップのためだけに経由するのか」とワッセル氏は問う。

同空港のグランドハンドリングのスタッフは、航空会社のニーズによるが、1時間40分ほどで作業を終えることができるという。アンカレジを経由する航空会社が、テクニカルストップ以外のサービスを必要とするかについては、「まだ分からない」と同氏は話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]