バイデン氏、中国の習主席と会談 ロシア支援の場合の「結果」説明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイデン氏が中国の習主席とビデオ会談を行った/White House Photo

バイデン氏が中国の習主席とビデオ会談を行った/White House Photo

(CNN) バイデン米大統領は18日、中国の習近平(シーチンピン)国家主席と1時間50分にわたってビデオ会談を行い、ロシアのウクライナ侵攻への支援を思いとどまらせようと試みた。

中国国営メディアによると、習氏はバイデン氏に対し、米中両国には平和を確保する責任があると発言。紛争激化を望んでいないことを遠回しに示唆した。だがホワイトハウスはその後、中国の介入に対する懸念が和らいだわけではないと説明した。

ホワイトハウスのサキ報道官は「我々はそうした懸念を持っている」と言及。バイデン氏は会談で、ロシアがウクライナの都市や民間人に激しい攻撃を加えるなか、中国がロシアに物質支援を行えばどのような影響と結果になるか詳しく説明したという。

複数の政権高官は今回の会談を「直接的」で「中身があり」、「詳細」な内容だったと評したが、詳しい情報は明かさなかった。当局者の1人によると、議論の大半はウクライナでの戦争や、今回の危機が米中関係や「国際秩序」にもたらす影響に集中した。

サキ氏は「中国は自分たちがどのような立ち位置を取りたいのか、歴史書で自分たちの行動をどのように見られたいのか、決断を下す必要がある」「それは習主席が決断することだ」としている。

ホワイトハウスによると、両首脳の要請を受け、米中当局者は今後も協議を継続する。バイデン氏はベルギー首都ブリュッセルで来週開かれる北大西洋条約機構(NATO)の臨時首脳会合で、他の首脳と中国の役割について協議する予定。

ウクライナでの戦争をめぐり、中国は侵攻を非難するには至っていないが、明確な支持表明も控えている。習氏はロシアとウクライナの仲介を試みる考えを示したが、その一方で中国がロシアの偽情報をあおる場面もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]