2022年に行けない世界の名所、代わりにどこへ行く?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CNN) 2022年に新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)が収束し、各地で観光客の受け入れが再開しても、訪れることのできない名所が世界にいくつかある。改修工事中だったり、すでに長い歴史に幕を下ろしていたりと、理由はさまざまだ。

だが心配はいらない。その周辺などで代わりに楽しめる場所も、一緒に紹介しよう。

<米国編>

スミソニアン航空宇宙博物館(首都ワシントン)

現在、7年計画の全面改修工事中。一部の作業は来館者を受け入れながら進められたが、22年は次の段階に入るまでの少なくとも6カ月間、閉館する。改修後には、新たに約1400点分の展示スペースが増設される予定だ。

代替案:スミソニアン学術協会はワシントン市内でほかにもハーシュホーン博物館と彫刻の庭、国立アフリカ系米国人歴史文化博物館など、多数の博物館を運営している。しかも大半が徒歩圏内だ。

ハイク・ステアーズ(ハワイ・オアフ島)

ハイク・ステアーズの不法侵入者には最大1000ドルの罰金が科される/Adobe Stock
ハイク・ステアーズの不法侵入者には最大1000ドルの罰金が科される/Adobe Stock

「天国への階段」とも呼ばれるオアフ島のハイキングコース。1980年代に一般市民の立ち入りが禁止されたものの、こっそり侵入するハイカーが後を絶たず、けがをするケースもあった。

ホノルル市議会ではこの秋、階段の撤去が全会一致で決まった。2022年中に撤去される見通しだ。

代替案:ハワイには美しく、もっと安全なハイキングコースがたくさんある。すでにオアフ島にいるなら、代わりにエフカイ・ピルボックス・ハイクというコースはどうだろう。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]