「世界最強のパスポート」、日本とシンガポールが同点1位 世界の移動格差拡大

モビリティー(移動)格差は調査以来最大となっている/ Karl Allen Lugmayer / Pixabay

モビリティー(移動)格差は調査以来最大となっている/ Karl Allen Lugmayer / Pixabay

(CNN) 市民権取得の支援などを手がける英ヘンリー&パートナーズは6日までに、ビザ(査証)なしで渡航できる国や地域の数でパスポートを比較した「ヘンリーパスポート指数」の最新ランキングを発表し、日本とシンガポールが1位で並んだ。世界における渡航の自由の格差はかつてなく広がったという。

同社の「ヘンリーパスポート指数」では、国際航空運送協会(IATA)が提供するデータに基づき、2006年から渡航に有利な世界のパスポートを定期的に調査している。

同社によると、新型コロナウイルスの世界的流行が続いた過去1年半でますます多くの渡航障壁が導入された結果、世界のモビリティー(移動)格差はヘンリーパスポート指数の16年間の歴史で最大に広がったという。

同指数では一時的な渡航制限は考慮に入れていない。このため実際に渡航できるかは別となるが、理論上、日本とシンガポールのパスポート保有者はビザなしで192カ国に渡航できる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]