ガラガラヘビは航空機のタイヤが好き、作業員は「ほうきの柄」で対抗

米カリフォルニア州ビクタービルの飛行場に駐機するカンタス航空A380/Qantas

米カリフォルニア州ビクタービルの飛行場に駐機するカンタス航空A380/Qantas

「すべての機体にはそれぞれに『車輪たたき』(ほうきの柄を再利用したもの)が工具の一つとしてあり、航空機の登録名まで記されている」(ヘイウッド氏)

作業員は着陸装置の点検前に、機体の周りで足を踏み鳴らし、この道具で車輪をたたいて、寝ているヘビを追い払っているという。

「これまで数匹のガラガラヘビやサソリに遭遇してきた。車輪たたきは有効で、彼らは逃げていく」とヘイウッド氏は語る。

「これは保管中の機体のケアでのユニークな部分の一つで、昨年がどれだけ奇妙な年だったかの象徴でもある。運用中のA380が1日以上地上にいることはめったにない」

カンタス航空はロサンゼルスから車で約2時間のビクタービルに12機のA380を駐機していると伝えられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]