保護区から逃げた15頭のゾウ、破壊繰り広げながら500キロ踏破 中国

ゾウの群れ、破壊しながら500キロ踏破 中国

(CNN) 中国では、自然保護区から昨年逃げ出した15頭のゾウの群れが、作物を踏み荒らすなどして100万ドル(約1億1000万円)以上におよぶ被害をもたらす大騒動を巻き起こしている。

国営新華社通信によると、ゾウたちは同国南部の雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州にある自然公園から、人口260万人の都市・玉渓まで、500キロの道のりを、破壊の爪痕を残しながら踏破。

すみかである自然保護区を後にした理由は明らかになっていない。ゾウたちは移動中、412件の物損事故を引き起こしており、被害総額は110万ドル(約1億2000万円)前後に上ると、新華社通信は報じている。同省の元江県および石屏県だけでも、56ヘクタールの農地が荒らされたという。

ゾウたちはまた、地元住民に対しても深刻な混乱をもたらしており、先月27日には峨山県で、ゾウたちが街路を6時間にわたってうろついたことから、住民らに対しては屋内にとどまり、歩行者や車両は街から避難するようにとの命令が発出された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]